東洋プロパティ株式会社 2019年新卒採用

採用担当からメッセージ

東洋プロパティのビジネスマインド

人事部長 村田 正博

私たちの事業の一つである不動産の法人仲介は、主人公は依頼主である売主様であり買主様であって、単なる不動産情報の提供にとどまらず、不動産を切り口にして様々な問題解決を提供して喜んでいただく、満足いただくことが、最終的に自分たちの喜びに繋がるという仕事です。

営業をしていると、ご指名でリピートなんてきたら最高ですが、一度、仲介でお取引きしたお客様から10年後、20年後に再び電話をいただいてご相談を受けたり、お知り合いの方をご紹介していただいたりということもあります。

また、ゼネコンさんだったら「あのビルを建てたのは自分たちだ」という思いを持っている人は多いと思いますが、私たちも同じように「あの土地やビルを仲介したのは自分たちだ」という誇りを持って仕事をしています。自分が仲介した場所はお取引きした後も気になりますし、例えばその土地に工場などができて、そこで多くの人が働いてくれていたら本当に嬉しく思います。

大切なのは“分かったつもりにならない”ということ

チーフマネージャー 田村 直樹

どんな仕事にも共通すると思いますが、コミュニケーション能力がとても大切です。相手が何を求めているのか会話のなかから引き出して、ニーズにあった的確な提案ができる人はどんな場面でも最終的に結果を出しています。

さらに、仕事をする上で大切なことがもう一つ。それは、分からないことを分からないままにしないということです。営業でお客様に提案する際に、建築や法律、税金、経営など幅広い知識が必要になりますし、逆にお客様からより専門的な質問をされる場合も多々あります。そんなとき、自分ではよく分からないのに、その場をやり過ごすような、相手に心地よいだけの返事をしてはいけません。

その場で的確に答えられればもちろんベストですが、分からなければ分からないなりにきちんと時間をいただいて、持ち帰り先輩や上司に相談するなど、まずはきちんと調べることが大切です。それでも、分からなければ提携する税理士・弁護士をはじめとする専門家に確認をとり、お客様に対して正確な返答をする。地道にこれを繰り返すことが、結果的に信頼に繋がっていくと思います。自分が何でもできると勘違いし、分かった気になっているのは一番怖いですし、お客様との信頼関係を損ねます。何より自身の成長につながらないと思います。

最終的に結果を出すのは“誠実な人”

何事もコツコツと実直にやっている人間が一番強いのではないでしょうか。もし、同じ不動産情報を扱っているライバル会社が何社もあって誰から買っても自由だとしても、「この人から買いたい!」とお客様から思ってもらえる人が必ずいます。共通しているのは、お客様に対して誠実に向き合って、誠実に問題解決のお手伝いができるということだと思います。

重要なのは“個人の力”と“チームとしての連携”

私たちの会社の業務では、建築や、法律、経営、税など様々な知識が必要です。
入社後の社員には宅地建物取引士の資格は必須で取得して頂きます。それ以外にも業務で使う知識は多岐に亘るため、ファイナンシャルプランナー、ビル経営管理士、不動産鑑定士、建築士、不動産コンサルティングマスター、不動産証券化マスターなど、国家試験や民間の認定試験へのチャレンジには積極的にサポートしています。
資格をとれば仕事ができる訳ではありません。しかし、こういった専門知識を活かすフィールドがたくさんあります。
個人の力をレベルアップすることはとても大事なことです。

一方、個人だけでなく、チームとしての力もとても大切です。実際に仕事を進めていくと、個人で突破する力も必要ですが、チームとしてまとまってより大きな仕事ができるケースが少なくありません。
例えば、大阪のお客様が東京で不動産を購入したいといった話でも、その地域に詳しい営業担当者に連携して、お客様のニーズにあった情報を連携したり、社内の鑑定部と連携して適正な価格を出したり、あるいは、グループのビル管理会社と連携して購入後のビルの運営などの相談にのったりして、お客様が安心して不動産を購入できるようにいろいろな工夫をしています。不動産に関するプロフェッショナルな集団だからこそ最高のサービスを提供することができます。

私たちの会社では、半期に一度、社内表彰があります。そこでは目標を達成した人はもちろん表彰対象ですが、“案件の表彰”も行っています。これは、一つの案件に対して社内リソースをうまく使い部門を超えて、東西も一緒になってチームとして連携しながら成果をあげた人たちを表彰するものです。
個人の力を結集して、チームでうまく協力してお客様のニーズに応えることも評価の対象にしているのが特徴です。

就職活動中の学生に向けてのメッセージ

学生時代に不動産業界でアルバイトをしていたといった経験よりは、将来きちんと成長できるかということが最も大切だと考えています。コミュニケーション能力があって、向上心を持っている人に是非入社してもらいたいです。

また、私たちの会社では若いからといってこれしかやらせないということはありません。成長する人は普段から問題意識が高くよく考えているし、若いからこそよく考えることでより早く成長できるのではないでしょうか。

仲介業にはこれが正しいという正解はありませんが、自分のやる気と頑張り、アイディアによって業務の幅がどんどん広がっていくはずです。これから入社される学生の皆さんには、向上心を持って大きなフィールドでどんどんチャレンジしてもらいたいです。

リクナビエントリー

マイナビエントリー