東洋プロパティ株式会社 2019年新卒採用

東洋プロパティの事業と仕事

不動産業界における東洋プロパティの主な事業

東洋プロパティは仲介業の中でも、法人を対象にオフィスビルや収益用不動産、商業施設、倉庫などを取り扱う“法人仲介”を専門としています。
当社の経験やノウハウを駆使して、単純な売買仲介のみならず事業拡大のための設備投資や収益物件の投資等、多様化するニーズに対応した様々な情報サービスを提供し、お客様の経営課題解決のお手伝いをしています。
東洋プロパティはオフィスビル等への投資や、不動産ファンドへの投資を行っています。
加えて、投資した案件を適切に管理・運用する事により、投資案件の収益及び資産価値を最大化することを目指しています。また、投資により培った東洋プロパティグループの総合力(AM・PM・BM・CM、不動産の証券化等)を活用し、投資計画・運用管理計画・リーシング計画・バリューアップ計画等のコンサルティングを行い、お客様の不動産運用に関する様々なニーズに対応しています。
  • AM(アセットマネジメント)
    資産全体の収益・投資価値の最大化を目指して、ポートフォリオや運用の戦略策定・実施、キャッシュフロー管理などを行う業務
  • PM(プロパティ・マネジメント)
    収益・資産価値の最大化を目的として、建物管理・テナント業務・資金管理までを含めてビルを総合的に運営管理する業務
  • BM(ビルディング・マネジメント)
    ビル建物の管理(設備管理・保安警備・清掃・定期保守・定期整備)に関する総合的なマネジメントを行う業務
  • CM(コンストラクション・マネジメント)
    設計者や施工者から独立して、工事に関する企画・発注・監理をマネジメントする業務
東洋プロパティでは豊富な経験と専門知識を有するスタッフが、提携関係にある税理士・弁護士等と連携してお客様ニーズに沿った適正な鑑定評価・アドバイザリー業務等を実施しています。
また、建物・設備の状況(遵法性、劣化度合いなど)を調査し、お客様が保有する不動産の資産価値を適切に評価します。なお、この評価は、不動産の売買や購入資金の借入の際などに利用されています。

法人仲介営業の仕事

私たちの主要事業である不動産の”法人仲介”は、個人を対象とした戸建てやマンション等の売買仲介ではなく、法人を対象にオフィスビル、土地、工場、商業施設などを仲介するもので、金額も規模も桁違いに大きい物件を扱います。
主人公は依頼主である売主であり買主であって、単なる不動産情報の提供にとどまらず、不動産を切り口にして様々な問題解決の方法をお客様の立場で考え提案しています。
最終的な目標は、売主・買主双方のお客様に幸せになってもらうことであり、
その幸せが自分たちの喜びに繋がるというのが法人仲介の魅力です。

不動産運用業の仕事

不動産運用の仕事の面白みは、会社の経営面と繋がりが深いことです。
取締役会や経営会議の付議資料作成等に関わることが多く、お客様の経営に直結するやりがいのある仕事です。
投資案件を入手した場合、物件資料の精査、検討案件についての周辺の賃料相場と対象案件の特性を考慮しながら、投資案件から得られる収益や潜在的なリスクを分析し、最終的に投資案件の価格を決定します。
投資案件の取得後は、収益の最大化と資産価値の最大化を図るため、適正な管理体制の構築、バリューアップ工事、リーシング戦略の策定、長期修繕計画等、様々な運用戦略を立てて実行に移します。
色々と戦略を立て、投資案件が安定稼働したときは、達成感と同時に、新たなノウハウが身に付いたと実感できます。
自ら考え、アクションし、案件をゼロから作り上げていくことが不動産運用の魅力です。

リクナビエントリー

マイナビエントリー